忍者ブログ
最終更新日:3月10日 TOPにみみけ情報&お仕事情報更新 GALLERYにイラスト一枚アップ
* admin *
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コミティア参加された皆様お疲れ様でした!
当サークルのスペースにお越し下さいまして有難うございましたv
「体調大丈夫ですかー」とお声かけて下さる方が多くてうううっ!駄目ですけど大丈夫です!
ま、まずお詫びを二点…いや三点…
開始早々手際の悪さで変な列が出来てしまい本当に申し訳ございませんでした!
スティックポスターが厄介でなんかぎゃーぎゃーしてしまい…
本当はトイレ行きたかったのですが(笑)ここで行ったら空気読めないわ!と売り子と頑張りました。
それからスティックポスターにつけましたあの袋…
袋の使用法を分かっていなかった紺野!!(素です)
あれは…なんだ入れてお渡ししなければいけなかったのに…なんだ…全く考え及ばなかったというか…なんだ、お前はなんなんだ、紺野。
すみません
そして最後にぼぁぁ!スケブで「アディ」と有り難いご指定を頂いたのに記憶がすっぽ抜けて「リーフ」を描いてしまったぁぁぁ!!
すみませんでした(泣)

それからペーパーのツメが甘かったらしく30分ぐらいで無くなり…し、失敗した(汗) や、大したことは一切書いてなかったのですが!
新刊以外持ち込み分完売いたしました。有難うございました!
華咲き師…は虎の穴で残ったら、コミケに持っていくつもりですが、少し厳しいかもです…

お知り合いさんと沢山お会いできて嬉しかったー!!
というか皆さんスペースに来て下さいまして(滝汗)ここここ来させてしまって申し訳ないといいますか、恐れ多くひぇぇ馬鹿でしたすみませんっ
そしてようやくスペースから出れたと思ったら「完売しちゃいました…」とか私泣きます…うぅぅっ!
でも回りきれずにご挨拶伺えないところもあってすごく心残り…
というかお知り合いさんとはもっともっとお喋りしたかったなー…

お仕事先の方も何人かいらして下さって、また奇怪な声をあげかけましたが
「ヴ ぉ お ぉ………」 (途中で前回の過ちを繰り返すものか!と思い出して必死で堪えた)
緊張というか会わせる顔が無いといいますか
原稿遅くて本当に申し訳ありません!!!

が、頑張ります…

新刊「きらきらの唄4」は今回も表紙を五色分解印刷しまして、な、なんと凄く「ピンク×紫のコラボレーション」。びっくりした…。
本文にオペイク印刷とかの装丁を使ったりして、ちょっと凝ったりしました。ので気に入ってます。
が、内容が内容で結構憂鬱ストーリーのため、お知り合いさんにはお渡ししたくなかったのが本音。
「おまーこんな暗いの描いてんのかよ!」とか…あ、もう思われてますか…そうですか…
描いてる本人は至って陽気馬鹿ですよ。
でもでもゲスト様が素晴らしいのでそこは一見の価値ありの新刊でした!やったね!
描いててストーリーテンポ速すぎたかな…と思って…るんです今も(!)
が、早速読んで下さったお知り合いさんから「良かったよ!」のお言葉頂戴して…もう…昇天しますねさよーならー(キラキラキラ きらきらの唄だけに 寒い)

お声かけてくださる方、感想を仰って下さる方、差し入れくださる方、お手紙も下さる方、読んで下さる方手に取って下さる方、もう皆さんに凄く感謝の気持ちでいっぱいです。
お一人お一人に愛をお伝えしたいくらい!自重しますね

通販は自家でやります!手紙は付けられませんが…詳細は追って!
次のイベントは受かれば夏コミです!受かったらきっとティアは出れないと思います。体力的に限界です(笑)
まずはノルマをこなすことだ な 。

子猫は生きてました!母さん有難う!

誘姫のサイトで363363踏んだ!エヘへvvv
リンクでリンクで凄い嬉しかったですー!!
また次の日記で改めて私信飛ばさせて頂きますね!

続きは紺野の画力の現状トーク。絵の技術に興味ない人にはあまりおもしろくない話かも…?

+ + + + + + + + + +
ええとですねー。
事の始まりはお仕事先の方から「背景のパースが描けてないので…」とご指摘頂いたことに端を発すると思ったんですが、今思えばあまりの描けてなさに昔からこれは明るみに出ていた事実!
いや、知ってたんですよ!パース描けてないって言うのは!
知ってはいたんですが、どう描けてないのかがわからないんですね!
というのも私は塾の講師とかやってますけど、生徒が本当にわからない、出来ない問題って「何がわからないのか、どこが間違ってるかが」分からないのです。
それが分かっていれば大方解決できるようなものなのです。
ということで具体的に何処がどうおかしいのかが分からない紺野はもう致命傷です。だめだこりゃー

高校の美術の授業でパースの練習があって、授業の終わりに先生が「成績優秀者を発表しますー」と言って何人か名前を挙げていったのですが、美術部員で名前が挙がらなかったのは紺野だけという悲惨さ!(しかもわりとうまく描けてたと思ってた/笑)
それ以来「パース描けません」を自負はしていたのですが、描けないなりに実はかなり気を使って最近の仕事絵も背景は消失点とって放射線も引いて几帳面に描いてたつもりだったんですね。
その、まさにその絵が「パース描けてない」言われてしまった!!

や、もうどうしよう…と悩んでたんですが、今日コミティアで隣のスペースで高校から仲良し(という設定)のN村さん(や、仲良しです。下ネタ言われる時意外は)が「アナタは物が立体的に描けてないよ」とズバッとビシっと言ってくれちゃってこのやろー!(笑) 悔しいからN村ってばらしちゃうもんねー!
やぁやぁ言って頂けるのは有り難いことであり、実際N村さんの画力は素晴らしいので言われても仕方ないというか言い返せないというかくそぅ
彼は練習して変なところを直してもらえればいいんだとか、魅力的な部分でカバーすれば良いみたいなこととか色々言ってましたが、
まぁ確かに今の自分だと、情けないことに本当にどう直せば良いのかわからないので今からどうにか改善しなくてはいけないなと。
思うんですがやっぱり凹むのでー…

帰宅してから母さんに「実はこうこう、こんなこと言われて、パース描けなくてどうしよう…」と言ったら、「ふむ!」と。
高校の時私が描いた絵を持ってきて「それを聞いて今ちょっと思ったんだけど…」と実際的で色々おかしいであろう所を指摘してくれました…!
街中の絵で私的には消失点とって描いた絵だったのですが、「この道路はもう少し下の位置にないとおかしい」とか「アイレベルと消失店の位置を気にしすぎて、地面と並行に人物が立ってない」とかとか。
納得のいく指摘ばかり。こ…これは…

何者なんだママ!!!

や、もう昔から絵で詰まった時は母に相談することが多く、色合いとか構図とか、実際いつも良いアドバイスをくれるお方なので…な、何者ですかお母様。
うちのママは漫画上手いのよ(笑)上手いというか笑えるというか。

「そ、そうか…改めて考えるといろいろおかしいね。手前はやや俯瞰の構図なのに、人物が真横の構図で、物と物が別個に存在してキュービズムみたい」
「まぁ難しいわよねぇ。…でも完璧に描ける人なんて居ないし、あまりそこばっかり考えてると他のものまで描けなくなっちゃうわよ」
「んー…」
「誰にだって不得意はあるわ。室伏さんだって砲丸投げして『アーッ!!アァーッ!!!』って叫んでるけど、百メートル走は速いかどうかわからないし。貴方も砲丸投げみたく得意をのばして、ね。そのうち追いつくところもあるわ。気にしすぎは駄目よ」
「え…砲丸投げなの?」
「『アーッ!!アァーッ!!!』って叫んでればいいのよ!」
「叫ばなくちゃ駄目なの!?」
「苦手をそのまま見てみないフリも困るけどね。そうね…」
と母は美術の本を引っ張り出してきて「何かいい例えになるようなパースの絵はあるかしら…」と探して
「これは…貴方にはちょっと高等すぎるけれどね」
と、ダリの描いた十字架に張り付けられたキリストの絵を出されました。
無理です母よ。

本当母は偉大で良き教え手でおっかなくて頭が上がりません。
喧嘩した時は理論武装して挑むので勝ちますが、逆ギレされるのでやっぱり頭が上がりません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
BACK HOME NEXT
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア




忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: UNI-GURU TEA DIARY All Rights Reserved