忍者ブログ
最終更新日:3月10日 TOPにみみけ情報&お仕事情報更新 GALLERYにイラスト一枚アップ
* admin *
[578]  [577]  [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私より2~4歳位下の絵描きさんたちって、厚塗りをする方が多いように感じる昨今です。で、かっこいい世界観とか和の世界観が多い気がします。
そして私世代の人たちは、「綺麗」「かっこいい」とかより兎に角「可愛い」絵柄が多いような…
勿論一概に言えないことなんですが、年齢別に傾向というのが少しあるような気がするなーと思ってる紺野です。
やっぱり同じ激動の時代を同じ目線で歩んできた訳ですから、同い年の絵師さんって妙に親近感沸きませんか(笑)
と、仕事前に少し語ってみたりー

+ + + + + + + + + +
昨日の続き!
あ!アニメ塗りが悪いとは本当に思ってないよ!
ただ自分がアニメ塗りするの苦手だから「自分で描いたアニメ塗りの絵」が魅力無くて好きじゃないって思ってるだけで。

芸術派な母がうんうん言いながら私の話聞いてくれます。

母「賢護の絵はさーなんていうの?温暖系なイラストじゃないよね」
紺「…暖色系のこと?」
母「そ、それだー! で、寒冷系じゃないですか」
紺「あ、寒色系のことね。うん、そうだね。青が多い」
母「だからどうした!!」
紺「は!?え 何なんかすみません何が『だからどうした』!?」
母「いや…寒色系だからなんなんだって…言った後思ったから…自分の中のA子さんがB子さんに『だからどうした!』ってツッコミを…」
紺「あー 脳内で忙しいね」

で、少しまた考えてみたんですが…
メリハリつけるのに、色でメリハリつけれないものか、明るい色と暗い色ではっきり塗ることはどうなのか、ということについて、
いやーやってるつもりなんだけどなぁ…と思いながら自分の絵を客観的に見てみたら、
PC上だとそんなに思わないけど(RGBなので)、
印刷されてる同人誌のカラーとか見たら…
確かに暗い色も明るい色も使ってる。
だけど、色に明暗があるだけで、肝心なことが出来てないことに気付いた。
明るさと暗さがあるだけ。光と影がない。ないって言うか弱い。
明色と暗色使えば明暗を描けると心のどっかで多分思ってた。
はっきりそこに存在する光がない…

だから色を多用してもメリハリ感じられない絵になってるんじゃないだろうか。
という仮定に行き着きました。
母にそれを話してみたら「光のライン、黄色で描いてみたら」と言われました。
次の絵のイメージがなんとなくしか固まってないのであれですが、ちょっと試しつつやってみようと思います。

いつものほんわり塗りが悪い訳ではないと思っているのよ。
ただ、魅せられるイラストっていうスキルも持っておきたいなと思う。
技術が追いつかないのは悔しいけれど辛くはない。
色々分析して、それを元に推論するのが楽しくてしょうがない(笑)
PR
BACK HOME NEXT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア




忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: UNI-GURU TEA DIARY All Rights Reserved